>>お問い合わせ  

不動産情報について

総合まずは情報を数多く集め、その集めた情報から判断をしていきます。不動産情報の量が多く、総合情報の精度が高いほど、総合結果としてより満足の高い選択に繋がるでしょう。
そのためには、まずは幅広く、あらゆる総合ルートを使って不動産総合情報を入手し、不動産総合価格の相場や、動向を把握する必要があります。勿論集めた不動産総合情報の全てが信頼できる正しい情報とは限らないでしょう。従って、集めた不動産総合情報を精査することが欠かせません。総合情報を精査する際の視点はどうやって養うのか?それはやはり多くの不動産総合情報を集めて、比較検討する過程で、自分たち自身で磨いていくしかありません。同時に各種の相談先なども把握しておいて、総合情報内容を客観的に評価してもらうルートも確保しておきましょう。そうすれば、更に総合情報の精度を高めることができます。
ですから、不動産の総合情報源をくまなくチェックしましょう。例として、新聞の折り込みチラシ、新聞広告、不動産総合情報誌や不動産総合情報を掲載したインターネット等の媒体。また親戚・知人や不動産会社友の会といった人の繋がりや口コミ。そして販売会社や建設会社、仲介会社といった不動産総合関連会社を利用してもよいでしょう。無料で得られる総合情報だけでなく、不動産総合情報誌等の専門誌を買い、インターネットで調べる等の手間隙も必要です。不動産購入は何千万円という非常に高価な買い物となるわけですから、コストパフォーマンスを考えれば、決して無駄な投資ではないはずです。
こうして幾つかある不動産総合情報源を比較検討していくと、やはり一番身近で、手軽に入手できるのが新聞広告や折込チラシです。新聞を購読していれば無料で入手できますが、新聞広告は大規模な不動産総合物件、折込チラシは周辺地域の不動産物件のみにそれぞれ限られる傾向があるようです。また折込チラシは地元の中小業者が作成していることが多く、従って信頼できる業者かどうかのチェックも必要です。不動産公正取引協議会の監視の目が行き届きにくく、広告内容の信頼度に問題のあるケースも少なくありません。
不動産総合情報誌は、事前に一定の審査基準で会社を選定し掲載しているので、ある程度の安心感がありますし、一定地域の不動産総合物件を幅広くカバーしているので、相場やトレンドを把握しやすい、また編集記事やコラムもあるので、幅広く総合情報を得られるといったメリットもあります。但し勿論購読にはお金が必要ですし、購読を重ねているうちに雑誌が場所をとってしまうという問題があります。
その点、インターネットならいつでも自由に検索できますし、場所もとりません。但し、同時に複数の物件を比較することが難しい、折込チラシ同様に関係機関による監視が行き届いておらず、信頼性に不安を伴うという事実もあります。
ある程度の不動産総合情報を得て、方向性が絞れてきたら、不動産総合関連の会社による友の会やサークルに参加するのもいいでしょう。無料で定期的に総合情報を提供してもらえますし、担当者に質問したり、実際の不動産総合物件を見せてもらえることもあります。


いずれにせよ、無料で得られる情報だけでなく、不動産総合情報誌等の専門誌を買い、インターネットで調べる等の手間隙も必要です。最終的に不動産購入は何千万円という非常に高価な買い物であり、不動産購入者にとっても人生の大きなイベントにもなるわけですから、コストパフォーマンスを考えれば、決して無駄な投資ではないはずです。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2018/7/20

Copyright (C) 2008 不動産について. All Rights Reserved.